【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2015年10月21日

『ナイゲン(全国版)』東京公演という大勝負

さて、ここここにも書いた通り、『ナイゲン(全国版)』東京試演会(にしすがも創造舎)・京都公演(元・立誠小学校)が終わりました。
しかし、まだまだ勝負が残っています。
今回の公演史上、いや『ナイゲン』史上、いやアガリスクエンターテイメント史上最大の大勝負、新宿FACEでの東京公演です。

ナイゲン(全国版)のツアーファイナルにして、決戦の地、新宿FACE。
演劇界隈の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、プロレスやライブなどで使われるイベントホールで、キャパシティは400〜500人!
単純な客席数で言うなら、本多劇場より多いです。紀伊國屋ホールとかパルコ劇場とかの規模です。おいおい、どうすんだアガリスク。

何度も再演してきて、おかげさまでご好評頂いてきて、劇団代表作となった『ナイゲン』という芝居を卒業するにあたり、悔いの残らないような、思い切った場所を選んでみました。
もちろん、劇場のサイズが・席数が大きけりゃすごい、なんてことは無いです。にしすがも創造舎とか、元・立誠小学校とか、シアターミラクルとか、それぞれ素晴らしい会場でした。
でも「何百人ものお客さんが、グルっと囲んで会議を見守る」というナイゲンを、いつかしたいと思っていました。
そして、これを逃したらその機会はもう無いと思いました
なので、劇団として、めちゃくちゃ大博打を打ちました。

しかも、初めての旅公演と一緒にやっちゃったもんだから、まぁ大変ですこと。
アガリスクの存亡は、マジでこの東京公演にかかっているのです。
皆様、そこんとこよろしくお願いします!(笑)

で、まぁそんな「存続がかかってるから来て!」なんて脅しみたいな(脅しにもならんよ、「知らんがな」って人も沢山いるだろうし)理由だけじゃなく、本当に観てほしい作品です。
千葉県の片隅にある高校の、文化祭の準備のための、クラスの代表者たちしか出ない会議を舞台に選んだ物語です。どんだけニッチなんだ。
そして俺個人の“国府台高校らしさ”に固執して、卒業してからようやく気付けた自分なりの国府台高校論をテーマにしてます。どんだけパーソナルなんだ。
でも、それを頑張ってコメディにして、出演者みんなが自分の個性を持ち寄って、お客様が色々な解釈をしてくれて、再演の度に何度も叩き直した結果、とても普遍的で、話し合いの根源的な意義をいていて、なによりとても笑える芝居になりました。
どこに出しても恥ずかしくない、僕の、っつーかアガリスクエンターテイメントの、っつーか現代日本シチュエーションコメディの、代表作になったと自負しています。
今後ずっと上演されていって欲しい作品ですが、劇団でやるのはおそらく最後です。
どうぞ、この機会に観てください。本当に、よろしくお願いします。

〜前売り券(事前精算)についての切実なお願い〜
一度にお迎えするお客様の人数が大変多く、受付の混雑が予想されるため、前売券(事前精算)を強く推奨しております。
その為、ご予約方法が複雑だったり、登録が必要だったりとお手数をかけることにもなりますが、どうぞご協力を宜しくお願いします。
もしわからなかったら、メール、電話、Twitter、facebook、LINEなどなど、どの手段でも結構です、冨坂までご覧楽くださいませ。
ご都合が合えばチケットを持ってお渡しに伺います。

アガリスクエンターテイメント十周年記念興行・第21回公演
『ナイゲン(全国版)』
東京公演:11月13日(金)〜11月14日(土)@新宿FACE

脚本・演出:冨坂友

【概要】
傑作青春群像会議コメディ、最後の再演&ツアー公演決行!!
屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントが2006年に初演し、2012年、2013年と再演を重ねてきた、劇団代表作の青春群像会議コメディ『ナイゲン』。
数多くの団体によって上演され、早くも「会議劇の新たなクラシック」との呼び声も高い本作を引っさげて、初のツアー公演を決行!
“学校の教室でナイゲンを観る”東京試演会(都内某所・近日発表)と京都公演(元・立誠小学校)、そして収容人数500人のイベントホールでの東京公演(新宿FACE)まで駆け抜ける、アガリスク初のツアー公演にして、最後のナイゲン再演興行!

■東京公演(新宿FACE)■
【日程】
2015年11月13日(金)〜14日(土)
11/13(金)19:00
11/14(土)13:00/18:00

【会場】
新宿FACE

【料金】
座席表はこちら
S席(指定席):前売(事前精算)3,800円
A席(指定席):前売(事前精算)3,300円
B席(自由席):前売(事前精算)2,800円/予約(当日精算)3,300円
※会場にて別途ドリンク代500円がかかります。ご了承くださいませ。

【割引】
●貧民割引…500円引き
当日受付にて「貧民です」とご申告した方は500円キャッシュバック!
S席・A席・B席とも、前売(事前精算)でご購入のお客様が対象。
●リピーター割引:1,000円割引
本公演に一度ご来場頂いたリピーターのお客様は1,000円割引します(要半券提示)。

【ご予約方法】
●WEBでの前売券(事前精算)のご予約方法
・以下のサイトからお席をお選びください。
 S席/A席(指定席)はこちら→ http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=29835&
 B席(自由席)はこちら→ http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=29908&
・発行されたお支払番号を持って、全国のセブンイレブンでお支払いと発券をお願いします。

●メールでの前売券(事前精算)のご予約方法
・以下の項目を明記のうえ、または冨坂まで、メールにてお申し込みください。
 @お名前
 Aお電話番号
 B日時(例:11月14日13時の回 など)
 Cお席の種類(例:A席 など)
 DS席・A席の場合はブロック(例:南 など)
 E「この出演者から買いたい」というご希望※誰々扱い(あれば)
・発行したお支払番号をお送りします。全国のセブンイレブンでお支払いと発券をお願いします。

●電話での前売券(事前精算)のご予約方法
・以下のフリーダイヤルにおかけの上、オペレーターにご希望の日時・席種・座席のブロックをご指定下さい。
・カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日 10:00〜18:00)
・発行されたお支払番号を持って、全国のセブンイレブンでお支払いと発券をお願いします。

●WEBでの予約券(当日精算)※B席のみ のご予約方法
・以下のサイトにご入力ください。
 予約フォーム→ https://www.quartet-online.net/ticket/agarisk21?om=cajfbfi
・お支払いと発券は当日の受付で行います。受付でご予約のお名前を仰ってください。

■作品について■
【あらすじ】
“自主自律”を旨とし、かつては生徒による自治を誇っていたが、今やそんな伝統も失われつつある普通の県立高校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。
「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」
それを機に会議は性格を変え始める。
――どこのクラスを落とすのか。
かくして、会議に不慣れな高校生達の泥仕合がはじまった…!

【ナイゲンとは】
屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントが上演する、高校の文化祭の代表者会議を舞台にした会議コメディ。
メンバーの母校でもある千葉県立国府台高校に実在する会議をモデルにしている。
会議に不慣れな高校生が文化祭の発表内容について話し合い、1クラスを落選審査する泥仕合をコメディとして描きつつ、「自治」「話し合い」の意義を問う青春群像劇。

【キャスト】
淺越岳人
塩原俊之
鹿島ゆきこ
沈ゆうこ(以上アガリスクエンターテイメント)
榎並夕起
金原並央
甲田守
さいとう篤史
津和野諒
古屋敷悠(MU/ECHOES)
細井寿代
信原久美子(コメディユニット磯川家)
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)

【詳細・お問い合わせ】
ナイゲン(全国版)特設ページ→http://naigen2015.agarisk.com/
Eメール→
電話(各会場の公演期間中のみ)→070-6985-6433


posted by 冨坂 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。